Let'sTeaTime♪

更新は少し怠り気味ですがやる気が出る日はいつの日か。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

火毒魔茶室 Voll4 「テクニック#3」 

「応用、特殊系テクニック編」

tonton-sama1.png


かなり更新が疎かになってしまいましたが、更新再開です。
まぁ誰も見ていないでしょうが(汗)
2,3人この記事をみて役にたったならそれでよしとしましょうヽ(*゚∀゚)ノ

前回の応用編よりもすこし難しい操作をするので
「キーボード」よりも「ジョイパッド」がいいかもしれません。


今回紹介するのは前回の「体固定式歩法」、「通抜式歩法」、「挟連撃」を組み合わせて
使う「高等応用系」といざという時や魅せるためにつかう「特殊系」です。


①流体式歩法・・・流れるように敵を通り抜け、移動する歩法。

honehone01

この流体式歩法には「やり方」がありません。
上に書いたように応用編でやったものを組み合わせて連続でするものです。

基本的なもので言うと
通抜歩法の後、すぐに後ろに向いて体固定式歩法で後ろにさがる。」
というのが基本で簡単です。(`・ω・´)

ちなみに、敵の配置によって使うスキルや歩法を組み合わせるので
先読みをする必要があります。(先読みについてはまた後ほど)

※エクスプローションやシールなどの硬直時間がながいものは流体式歩法には無かない。

②跳躍流体式歩法・・・ジャンプから流体式歩法につなげる歩法。

honehone002.jpg

これも流体式歩法のひとつですがすこし難しいので紹介しますね。

名前の通り跳躍流体式歩法は流体式歩法にジャンプを組みいれる歩法です。
「なんでわざわざジャンプを入れるねん!」ってことですがこれによって流体式歩法では
できなかったスキルでも流体式歩法に組み入れることができます。

通常にシールを使って流体式歩法で敵を通りぬけると硬直時間中に接触か反撃のえじきです。
そこでジャンプです(。・ω・)b

ジャンプシールから流体式歩法につなげるとどうでしょう。
硬直時間が着地くらいには終わって硬直時間という欠点がなくなります。
ちなみにこの歩法は骨でよくつかいます。
シールからの跳躍流体から続けてスローの流体へもっていくことで接触と反撃まで防げます。
エクスでも使えますがあまり実用的ではないです。かっこいいですけどね^^;

ジャンプを利用することで硬直時間が少なくなるということは元来短いものですると
次の動作への時間が短くなるので手元の操作が大変です((((゚д゚;)))))
ジャンプも前にすすむので敵の距離感が難しくなりますしねorz


③強行式歩法・・・強引に敵の集団を通り抜ける。

普通に歩きで先頭の敵に接触して、テレポート連打で敵の集団を一気に通り抜ける歩法です。
よければ1回の接触だけで通り抜けることができます。
処理能力の少ない火毒魔だからこその歩法ですね(´・ω・`)


④瞬帰・・・足場に一瞬で戻る。

敵のKBで通常なら足場から落ちるところで逆テレポートをすることで足場にもどる歩法。
この歩法の前提は「KBすることがわかってる」ことです。
わかったじてんですぐに逆向きに歩くことでKBを軽減することが大事です。
普通なら落ちる状況でもかすかに地面に足がついていればテレポートで足場にもどることができます。


⑤流星・・・ジャンプエクスプローション

そのままですね、ジャンプエクスプローションです。
正確には、下の段差へ落ちる際にしたの段差の敵を処理するためのものですが。
これを一箇所組み入れるだけで狩りがかっこよくなります。


⑥零式流星・・・流星に速さを加えた移動特化

流星の後テレポートで移動するテクニックです。
MAPを熟知していることが前提ですが、ここから流体式歩法にもつなげれます。
主に流星の後下の段差へいくことで反撃を避けるものです。


バババっと説明してしまいましたが以上です(・ω・;)

「応用、特殊系テクニック編」どうでしたでしょうか?

ここでひとつ補足ですが火毒魔は早い内に効率の頭打ちを迎えるのでそこから
接触を抑えずにどれだけ速く回ろうと処理能力の少ない火毒魔は逆に効率が悪くなります。
なので「1週40秒」を切った時点で接触を抑えるようにすることが大事です。
そうしなければ効率は他職にならばれたあげくこっちはメルだけ大赤字ですからね^^;

後はモチベーションを上げるための「魅せ」という要素。

それらを含めた上で、速さをできるだけ損なわずに駆けれるか。
そこがこのテクニックの使い道だと思いマス。


最後に、動画を用意したので参考程度にどうぞ。
PCスペックがいまいちのせいでカクカクで接触しまくりですがorz





最後に1クリックご協力お願いします。


FC2 Blog Ranking

maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

スポンサーサイト

火毒魔茶室 Voll3 「テクニック#2 応用」 

 こんにちわ、月奏です(。・ω・)ノ


 

 今回は、前回の続きでテクニック#2「応用」です。


 前回の基礎の運動を利用したすこし複雑な動きですが

 利用頻度はなかなか高いです。要所要所でつかうと効率UPに繋がります。



応用といっても結構な数があるので今回はその中から3つ紹介させていただきます。

①「体固定式歩法」
これは体の向きを固定したままテレポートで移動します。
敵に攻撃しながら後ろに下がることができます。

②「通抜歩法」
敵を通り抜ける移動方法です。
敵に接触しないので接触時のタイムロスや、ダメージをなくすことができます

③「挟連撃」
これは②の歩法をさらに応用したものです。
敵を通り抜けながら攻撃し、振り返ってまた②の歩法をつかって攻撃します。

この3つを操作方法と使いどころなんかを解説していきたいと思います。



①「体固定式歩法」
このテクニックの操作は簡単です。(。ゝω・)b
「テレポート+スキル」ができればできるはずです。

操作方法は、右に敵、左が進行方向とした状態で。
「スキル→左テレポート」これだけです。
敵に背を向けずにテレポート移動できましたでしょうか・・・。

このテクニックのつかいどころは、進行方向に敵がいない場合や、タゲ取り
そして反撃がある敵に対して、攻撃と同時に下がるので、反撃があたりにくくなります

Maple0011.jpg



②「通抜歩法」
説明するまでもないですね・・・。(´・ω・`)
操作方法は「敵に近づいて前テレポート」これだけ。
ただし、ここで重要なのはテレポートの移動距離です。
敵が大きすぎたり、敵との接触を恐れて敵と離れた状態でするとぶつかります(ノ∀;`)

大体テレポートはキャラ2つ分くらい移動するので
敵の幅がキャラ2つ横にならべたくらいならなんとか通り抜けできると思います。
しかし、敵の幅が大きければ大きいほど近づかないといけないので注意しましょう。

毒魔の狩りでよく使うのは「骨龍」こと「スケルゴサウルス」と「マスタースケルゴサウルス」です。
この歩法ができれば、従来のM黴菌とは違い、通り抜けができるのでダメージを抑えることができ
薬代がかなり減るので、長時間狩ることが可能です。
それに効率が( д)     ゚ ゚

通り抜ける際、テレポートの前に攻撃スキルをいれるものを「通抜歩撃」。

Maple0021.jpg(SSがおもくそ接触しているのは敵に近づきすぎたせいです)



③「挟連撃」
上で簡単に説明してある通り、「通抜歩法」ができないとできません。
大きい敵にすると確実に2回ぶつかります。(´・ω・`)
小さい敵に対してするテクニックなので留意しましょう。

操作方法は敵を中心として「自  敵   」の状態で。
通抜歩撃で右に移動すぐに振り返って左に通抜歩撃。

このテクニックの注意点は主に2つ。
1つは使いどころを間違えるとただのタイムロス。ヾ(。・ω・)ノ
2つ目は、通抜歩撃後敵がこちらに振り返っていない状態で
通抜歩撃をすると、通り抜けた先で反撃に当たる恐れがあります。

使いどころは・・・・・(゚д゚;)
敵が予想より早く反撃してきて、前に進んでも直撃する時に使うといったところでしょうか。
あまり使用はしませんね・・・。通抜歩撃の練習として使えるかも(ぉぃ


1023kitune.jpg


参考動画は#3を書くまでに作ってこちらに更新しますのでお待ちください。

次回は テクニック #3「応用Part2」 です。




FC2ブログランキングとメイプルブログネットに参加中です。
1クリックご協力お願いしますヾ(・ω・*) 
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

今の目標は、FC2ランキング20位代と更新度S

火毒魔茶室 Voll2 「テクニック#1」 

こんばんわ、月奏です(。・ω・)ノ

今回から、テクニックについて考察していきます。
火毒魔にはかなり重要で、これがなければおそらく火毒魔がつらくなるでしょう。

今回は、基礎となる動きをお教えしますd(・ω・。)


まず、「テレポート+スキル」の動き、そして「ジャンプ+スキル」の動きです。

魔法使いの2次スキルのテレポートは、スキル中につかうと硬直を一部カットして移動することができます
これが1つめ「テレポート+スキル」です。
やり方は簡単、スキルを発動して、すぐにテレポートで動くだけです
このテクニックは応用がきくうえに、狩りで一番よく使うスキルです。
これから先に紹介するテクニックのほとんどがこれの応用です。

Maple0008.jpg


つぎに「ジャンプ+スキル」これは、通常魔法はジャンプ中には使用できません。
それを、強制的?にジャンプして使うのがこのテクニックです。
ジャンプ中ではなく、ジャンプする直前に打っている感じになります。
このテクニックは、多用はせずに要所で使うことになるテクニックです。
やり方は、ジャンプとスキルを同時に押します。
若干ジャンプが早いくらいですが、これは練習するしかないです。がんばりましょう。


文章のみで説明してみましたが、わかりましたでしょうか?
いまいちわからない方のために参考資料をご用意しましたのでご覧ください。







FC2ブログランキングとメイプルブログネットに参加中です。
1クリックご協力お願いしますヾ(・ω・*) 
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

皆さんの1クリックで順位とやる気が上昇します。

目指すは更新度Sと20位代維持!!

火毒魔 茶室 Voll1 「1次のスキル振り」 

MapleTeaRoom ~火毒魔~

Voll1 「1次のスキル振り」




こんにちわ!月奏です(。・ω・)ノ

kanade1111.png


今回は、魔法使いの基礎作りといえるマジシャン(1次)のスキル振りを考察します。

まず、マジシャンのスキル振りで重要なものは1つだけです。
これさえ守れば後は恐らく大丈夫です。

それは、ベネフィットです。
このスキルはレベルが上がった時に増えるMPの量を増やしてくれます
最初は実感がないかもしれませんが、これに振っていれば気づくとMPは他職より多くなってます。

MPの量は魔法使いの場合、そのまま耐久力、つまり死ににくくなることにつながるので
このスキルを一番最初に振って、MPをできるだけ多くするのが重要になります。
これさえできていれば、後はどう振ってもなんとか大丈夫です。

しかし、スキルというのは育成する上で
快適に過ごせるか過ごせないかの分かれ道です。
もちろんひとによりけりなので、良く考えて自分にあったスキル振りをするのが一番です。




では、広く一般的で、オススメのスキル振りを紹介します。(あくまでオススメ、最終的な判断は個人でお願いします。)

エネルギーボルト 1
   ↓
リラックス      5
   ↓
ベネフィット     10
   ↓
マジッククロー   20
   ↓
リラックス      16
   ↓
マジックガード    20


こんな感じです。(。・ω・)b

まず1次転職時にもらった1ポイントはエネルギーボルトに振ります。
これがないとレベルがあげれませんからね;

その後ベネフィットを上げるためにリラックスに5振ります。
この時点で恐らく1P残るのでここからベネフィットに振っていきましょう。
ベネフィットがMAXになったら、火力UPを計るためマジッククローに振ります。

次に、マジッククローがMAXになったらリラックスをMAXにします。
リラックスはMPの自然回復量を増やしてくれるスキルで、量的にも
気にならないかもしれませんが、確実に消費を軽減してくれるのでMAXにします。
ちなみに、リラックスの回復量の計算式は「自分のレベル×1,6+3」のようです。
例えば、100レベルなら163ずつ回復していきます。

最後に、魔法使い最高の耐久スキル。マジックガードをMAXにして終了です。

Maple0025.jpg


以上、マジシャンのスキル振りを説明しましたがー。
どうだったでしょうか?
すこしでも参考になればいいです(。´∀`)b






FC2ブログランキングとメイプルブログネットに参加中です。
1クリックご協力お願いしますヾ(・ω・*) 
maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索

ランキング20代維持にご協力ください(ノд;`)
Motion Clock 1
プロフィール
Author:㌧㌧

月読尊  Lv140  ダークナイト

月奏   Lv131 火毒魔

朔亜   Lv121  ナイトロード

ピノ    Lv71  格闘


かりん鯖で活動中の㌧㌧の日記です。
現在はDKを中心に活動中。
BGM
アクセスカウンター
ブログランキング
ブログランキング参加中です!

FC2Blog Ranking

ご協力お願いしますヽ(・ω・○)
1クリック協力を!
メイプルブログネットに参加中です☆ maple-blog.net メイプルストーリー ファンブログ検索 1日1クリックが世界を広げます。 DKによるDKのためのHP。 毎月色々なテーマで 様々なブログの記事を見ることができます。
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のエントリ
リンク
検索フォーム
RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。